美肌通信 「私のお肌に本当に良いこととは?」未来ビューティーサイエンス研究所はお肌の不安にお応えします。

2016/11/18

そのシワ本当に表情ジワ?正しい対策とは?

シワができてしまう原因について、詳しく考えたことはありますか?

今回の美肌通信では、正しいシワの情報についてご紹介いたします。

 

【そのシワは本当に表情ジワ?】

眉間や、目尻などにできるシワをすべて表情ジワだと思っている方、少なくないのではないでしょうか。

実は、本来の表情ジワは一時的なもので、表情を変えなくても存在する眉間のシワや目尻の笑いジワは、

真皮層の衰えにより起こるものが多いのです。

表情ジワの対策について、「顔をしかめないようにする」「シワができないように、表情筋を使わない」

というような情報を耳にすることもありますが、本来の表情ジワではなく、

真皮層の衰えが原因でできてしまっている眉間のシワや目尻の笑いジワを消すためには、

この方法では解決することはできません。

 

そこでまず、シワの違いを理解し、正しい対策をしていきましょう。

表情ジワ:表情を変えた際に一時的にできるシワ

真皮層が原因のシワ:表情を変えなくても、常にお肌に存在している深いシワ

表皮層が原因のシワ:おもにお肌の乾燥が原因でできる浅い小ジワ

 

【真皮層が原因のシワはどうしてできるの?】

真皮層が原因のシワは、紫外線や乾燥、年齢によるお肌の衰えなどの原因が複雑に絡みあって、

お肌の内部のコラーゲン繊維やエラスチン繊維といった、お肌の柔軟さや弾力を保っている構造がダメージを受けてできます。

 

【真皮層が原因のシワを防ぐにはどうすればよいの?】

シワができる原因はコラーゲン繊維の減少やエラスチン繊維の変形など複雑なため、

それぞれの要因に対して複合的なケアを施すことが必要です。

バランスの良い食事や、規則正しい生活をすることはもちろんのこと、スキンケアでできることは、

何よりもまず乾燥を防ぎ、紫外線からお肌を守ることが重要です。

真皮層は、コラーゲン繊維が網目のように張り巡らされ、それをエラスチン繊維がつなぎ、支えています。

紫外線を浴びてしまうと、コラーゲン繊維もエラスチン繊維も破壊され、

紫外線に浴びた部分がシワになりやすくなるので、紫外線を防ぐスキンケアを毎日しっかり行いましょう。

 

【できてしまったシワに対しての改善方法は?】

表皮層が原因の乾燥による小じわや、表情ジワは、保湿をすることで改善できる場合もありますが、

真皮層が原因のシワでお悩みの方は、日々のケア・対策の継続が大切です。

まずはスキンケアの使用方法・使用量をしっかり守り、

朝晩のスキンケアを毎日継続するように心がけることが一番の近道です。

test