美肌通信 「私のお肌に本当に良いこととは?」未来ビューティーサイエンス研究所はお肌の不安にお応えします。

2016/11/15

ドクターズコスメって何?

ドクターズコスメ(メディカルコスメともいいます。)という言葉を聞いて、どう感じますか?

「お肌に、より効果がある」や「安全性が高く、お肌に優しい」というイメージを抱く方は多いのではないでしょうか。

そもそもドクターズコスメとは、どんな化粧品のことをいうのでしょうか。

今回は、良く耳にするけど、実はよく知らない…ドクターズコスメについてお伝えさせていただきます。

 

【ドクターズコスメとは…】

ドクターズコスメは、一般的に、医療機関や、皮膚の専門家・医師が化粧品の開発に携わっている化粧品のことを言うことが多いです。

ただ、前回の美肌通信でお伝えさせていただいた無添加化粧品と同じく、ドクターズコスメは国が定めた基準がないため、

ドクターズコスメはこれ!という定義はありません。

また、化粧品会社が自由に使うことができる表現であるため、多くの化粧品会社で使用されています。

中には、ドクターの名前を使う方が商品が売れるため、名前だけを使っている会社もあります。

実際にドクターズコスメと言われている化粧品について調べてみると、

「皮膚の専門家の監修のもと、作られた」や「医師が開発に関わった」など、会社によって説明がまちまちです。

ドクターズコスメは、名前を付ける上で、決まりがないものなので、本当に医師が開発に関わったのかも疑問が残ります。

また、医師が本当に開発に携わったとしても、必ずしも効果が約束されたものとも限りません。

 

【ドクターズコスメは他と比べてお肌に良いの?】

名前だけ聞くと、普通の化粧品と比べて、お肌に優しかったり、効果がありそうな気がしますよね。

しかし、その認識が正しいと言い切ることはできません。

そもそも、なぜそのような認識が広まったかというと、日本人は、権威に弱いという特徴があるからです。

医者や医療機関の言うことは、無条件で信じる方が多いのではないでしょうか。

しかし、医師の専門はあくまで医薬品であって、【化粧品】ではありません。

ですから、本当に医師が化粧品作りに関わっていたとしても、お肌に合うかどうかは別の問題です。

しかし、ドクターズコスメでも人によってはお肌に合うものもあり、お肌の安全のことを最大限に考慮して作られたものもあります。

また、素晴らしい思いで化粧品を作っている会社もあります。

「ドクターズコスメだから使う」・「ドクターズコスメは使わない」、という考え方ではなく、

なぜその化粧品が安全なのか、という理由をしっかり調べたうえで、正しい知識のもと、

自分の調べた内容を信じて化粧品を選ぶようにしましょう。

 

test